手術のタイプ

妊娠週数で変わる手術法

赤ちゃんを母体外へ出す手術「中絶手術」は指定医がいる病院で行われますが、その際、同意書を記入する必要があります。
本当にしていいのかどうか、確認するためです。原則として「母親」と「父親」の2人の同意が必要となっており、これに署名、捺印を行うことで手術へ進むことができます。

中絶手術の手法には2タイプあり、これらの方法は患者の妊娠週数によって使い分けられています。
まだ妊娠週数が12週未満である「妊娠初期」の場合は、事前に子宮口を開かせた後、器具などを使用して胎盤と退治を母体外へ出します。妊娠初期の治療法にも種類がいくつかあり、代表的なものでは「掻爬法」や「吸引法」などがあります。掻爬法とは胎盤鉗子という器具で胎児を取り出した後、スプーンのような形をした器具「キューレット」を使用して子宮内膜を掻き出す方法です。もう一つの吸引法は、吸引キュレットという吸引器具を子宮に入れることで胎児や子宮内膜を吸い出す方法です。この2タイプの方法によって、妊娠初期の中絶手術が行われています。

妊娠週数が12週から22週未満である「妊娠中期」の場合には、上記と同じように子宮口を開かせた後、人工的に陣痛を生じさせて流産させる方法が適用されます。妊娠初期に行う手術よりも母体にかかる負担が大きいため、手術後は数日間入院が必要となります。

Copyright ©2015 中絶手術を決めたなら【中絶手術NAVI】 All Rights Reserved.

Design by Web Hub.